2010年05月29日

Adobe AIRのパッケージング

Adobe AIRではパッケージする際に自己署名入り証明書を作成する必要があります。

コマンドラインから次のように実行すると証明書「hoge.pfx」が作成されます。

adt -certificate -cn hogecysign 1024-RSA hoge.pfx hogeword


hogecysignは証明書の名前、hogewordは証明書です。

次はパッケージ化

adt -package -storetype pkcs12 -keystore hoge.pfx -storepass hogeword HellowWorld.air HellowWorld.xml HellowWorld.html


みたいにするとパッケージ化できる。
タグ:Adobe AIR
posted by ねこまんま at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe AIR | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

はじめてのAdobe AIR

まずはAIR SDK をインストール。
ダウンロードして解凍した「AdobeAIRSDK」をC直下に移動します。

次に環境変数pathに、AdobeのAIRの実行コマンドを追記します!

環境変数pathはWindows VISTAの場合、「コマンドプロンプト」から「システムとメンテナンス」を選択、「システム」から「システムの詳細設定」を選択します。ユーザーアカウント制御が出る場合は、続行をクリックします。「環境変数」から「PATH」を選択して「編集」をクリック。行末に「;C:\AdobeAIRSDK\bin」を追加します。

次に作業フォルダの作成。

C直下にC:\AIR\helloというフォルダを作成します。

中に用意するのは設定用のXMLファイルと土台のHTMLファイル

HelloWorld.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/1.5">
<id>javascript.HelloWorld</id>
<filename>HelloWorld</filename>
<initialWindow>
<content>HelloWorld.html</content>
<visible>true</visible>
<width>400</width>
<height>300</height>
</initialWindow>
</application>


HelloWorld.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
</head>
<body>
<h1>hello world!</h1>
</body>
</html>



コマンドプロンプトで作業フォルダに移動

cd \AIR\hello


adl HelloWorld.xml


これでAIRが実行できます。めでたしめでたし
タグ:Adobe AIR
posted by ねこまんま at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Adobe AIR | 更新情報をチェックする