2009年10月30日

get の値の取得

JavaScriptでGETのquery stringを取得する方法

var get= new Array;
var file = location.href.split("/").reverse()[0].split("?")
var parms = file[1].split("&")
for(var i=0,l=parms.length; i<l ;i++){
var parm = parms[i].split("=")
get[parm[0]]=decodeURIComponent(parm[1].replace(/\+/g," "))
}
}


半角スペースとかプラスとかがちょっとめんどかった。urlescap状態で+を半角スペースに復元してからdecodeURIComponentを行うとよさげ
posted by ねこまんま at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする

文字列のトリミング

文字列のトリミング関数を作ったので公開しておきます。
バイト単位でトリミングを行っているので、全角、半角が混ざっている場合も、いい感じにトリミングできます。
ただ、1文字づつ、1バイトか2バイトかチェックを行っているのであんまり長文には利用しないほうがよいです

function trimStr(str,byteSize){
var byte = 0,trimStr="";
for (var j=0,len=str.length; j <len ; j++) {
str.charCodeAt(j) < 0x100 ? byte++ : byte += 2;
trimStr +=str.charAt(j)
if(byte>=byteSize){
trimStr = trimStr.substr(0,j-2)+"・・・"
break;
}
}
return trimStr;
}
posted by ねこまんま at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

JavaScriptで配列かどうか調べる

オブジェクトの型の確認にはinstanceofを利用する。

if(hoge instanceof Array)//trueの場合 hogeは配列。

配列の入れ子を作る場合には以下のようにチェックするとエラーがでなさげ

if(!(hoge instanceof Array))var hoge = new Array
タグ:instanceof array
posted by ねこまんま at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする