2017年11月12日

Angularの構造ディレクティブ(Structural directives)でif文を作ってみる

Angularの構造ディレクティブで*ifと同じ機能をもつ *if2を作成(elseとかはなし)

TemplateRefでテンプレート(もとのHTML的なの)を、ViewContainerRefでテンプレートが挿入されていた場所を取得できるのでif2がtrueの場合は挿入、if2がfalseの場合はクリアする。

import {Directive, Input , OnChanges, TemplateRef, ViewContainerRef} from '@angular/core';

@Directive({
selector: '[if2]'
})
export class If2Directive implements OnChanges {

@Input() if2: boolean;
constructor(
private template: TemplateRef,
private container: ViewContainerRef
) {}

ngOnChanges() {
if (this.if2) {
this.container.createEmbeddedView(this.template);
}else {
this.container.clear();
}
}
}

posted by ねこまんま at 00:44 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

AngularのRenderer2でDOMを操作

AngularのRenderer2でDOMを操作できます。

以下のように指定を行うとElementRefで取得したネイティブのDOMにアクセスできます。

import { Component, OnInit, ElementRef, Renderer2 } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'app-component',
templateUrl: './app-component.component.html'
})
export class AppComponent implements OnInit {

constructor(
private el: ElementRef,
private renderer: Renderer2
) { }

ngOnInit() {
const target = this.el.nativeElement;
this.renderer.setStyle(target, 'color', 'red');
this.renderer.listen(target, 'click', () => alert('ok'));
}

}

posted by ねこまんま at 00:00 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

AngularでネイティブのDOMにアクセス

AngularでネイティブのDOMにアクセスするにはElementRefで参照します。(この場合は<app-component></app-component>)にアクセスされます。

import { Component, OnInit, ElementRef } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'app-component',
templateUrl: './app-component.component.html'
})
export class AppComponent implements OnInit {

constructor(
private el: ElementRef
) { }

ngOnInit() {
this.el.nativeElement.style.color = 'red';
}
}


posted by ねこまんま at 23:52 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

AngularでDirectiveの作成

AngularでDirectiveの作成するには以下のようにします。

import {ElementRef, Directive } from '@angular/core';
@Directive({
selector: '[myDirective]'
})
export class MyDirective {
constructor(
private el: ElementRef
) {
this.el.nativeElement.style.color = 'red';
}
}


こちらを作成しておけば以下のようにDirectiveが利用できます。

<p myDirective>
myDirective works!
</p>


引数を利用したい場合は@Input() を利用します。

import {ElementRef, Directive, Input , OnInit} from '@angular/core';
@Directive({
selector: '[myDirective]'
})
export class MyDirective implements OnInit {
@Input() myDirective;
constructor(
private el: ElementRef
) {}
ngOnInit() {
this.el.nativeElement.style.color = this.myDirective;
}
}


以下のようにDirectiveが利用できます。

<p myDirective="red">
myDirective works!
</p>


引数を複数設定したい場合はディレクティブ名以外の@Inputを増やしていきます。

import {ElementRef, Directive, Input , OnInit} from '@angular/core';
@Directive({
selector: '[myDirective]'
})
export class MyDirective implements OnInit {
@Input() myDirective;
@Input() myDirectiveBg;
constructor(
private el: ElementRef
) {}
ngOnInit() {
this.el.nativeElement.style.color = this.myDirectiveBg;
this.el.nativeElement.style.backgroundColor = this.myDirectiveBg;
}
}


以下のようにDirectiveが利用できます。

<p myDirective="red" myDirectiveBg="blue">
myDirective works!
</p>


@HostListenerをを利用すればイベントを制御することも可能です。HostListenerの引数にイベントを設定して、実行したいメッソッドを後ろに指定します。

import {ElementRef, Directive, Input , OnInit, HostListener} from '@angular/core';

@Directive({
selector: '[myDirective]'
})
export class MyDirective implements OnInit {

@Input() myDirective = 'blue';
@Input() myDirectiveBg = 'blue';

constructor(
private el: ElementRef
) {}

ngOnInit() {
this.el.nativeElement.style.color = this.myDirective;
}
@HostListener('click') changeBg() {
this.el.nativeElement.style.backgroundColor = this.myDirectiveBg;
}
}


@HostListenerは第2引数に配列でメソッドで利用できる引数が設定できます、'$event'と指定をするとイベントオブジェクトを利用することができます。(以下のサンプルではevent.targetをHTMLElement型にキャストしています。)

import {ElementRef, Directive, Input , OnInit, HostListener} from '@angular/core';

@Directive({
selector: '[myDirective]'
})
export class MyDirective implements OnInit {

@Input() myDirective = 'blue';
@Input() myDirectiveBg = 'blue';

constructor(
private el: ElementRef
) {}

ngOnInit() {
this.el.nativeElement.style.color = this.myDirective;
}
@HostListener('click', ['$event']) changeBg(event: MouseEvent) {
(<HTMLElement>event.target).style.backgroundColor = this.myDirectiveBg;
}
}

タグ:Directive
posted by ねこまんま at 22:54 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

Angularでカスタムパイプを作る

./pipe/ellipsis.pipe.ts として省略用のパイプを作成します。PipeTransformで対象の文字列や引数(ex :foo :bar)が取得できますので変換してリターンで返すだけです。
以下のサンプルではN文字(初期値は50)以上の場合は...と省略されるパイプを作成しています。

import { Pipe, PipeTransform } from '@angular/core';

@Pipe({
name: 'ellipsis'
})

export class Ellipsis implements PipeTransform {
transform(value: string, length: number = 50 , ommission: string = '...'): any {
if ( value.length < length) {
return value;
} else {
return value.substring(0 , length) + ommission;
}
}
}


作成したパイプはapp.module.tsで登録しておきます。

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';

import { AppComponent } from './app.component';
import { Ellipsis } from './pipe/ellipsis.pipe';

@NgModule({
declarations: [
AppComponent,
Ellipsis
],
imports: [
BrowserModule
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }


これで以下のように利用することができます。

<p>{{'あいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとお' | ellipsis}}</p>
<p>{{'あいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとお' | ellipsis : 20}}</p>
<p>{{'あいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとお' | ellipsis}}</p>
<p>{{'あいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとお' | ellipsis : 50 : '〜'}}</p>
<p [innerHTML] = "'あいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとおあいうとお' | ellipsis"></p>
posted by ねこまんま at 10:31 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

AngularでURLのパラメーターを取得する

AngularでURLのパラメーターを取得する。ルーティングでは以下のように設定している

{path: 'list/:page', component: ListComponent}


呼び出したいコンポーネントでActivatedRouteのsnapshot.paramsからパラメーターが取得できる

import {Component} from '@angular/core';
import {ActivatedRoute} from '@angular/router';

@Component({
selector: 'list',
template: ' <h1 class="friend">Friend ID is {{friendId}}</h1>',
})
export class FriendComponent {
pageNo: string

constructor(route: ActivatedRoute) {
this.pageNo = route.snapshot.params.page
}
}
posted by ねこまんま at 16:55 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

AngularでN文字以上をトリミング

AngularでN文字以上をトリミングしたい場合はtsファイル内で以下のように文字数を定義しておき

  /**
* 文のトリミング文字数
*/
public maxTextLength = 255;


HTML側ではN文字を超えたる文字はトリミングしておき文字数をみて...を付ける

<p>{{text|slice:0:maxTextLength}}<span *ngIf="ttext?.length>maxTextLength">…</p>
タグ:Angular
posted by ねこまんま at 15:21 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

AngularでBehaviorSubjectでloadingを表示

BehaviorSubjectでは初期値を指定しなくては行けないため値があるかないかの判定が難しいです。

そのため表示用のオブジェクトにはnullを指定しておき

export Todo {
title: string;
description: string;
}
public todo: BehaviorSubject<Todo|null> = new BehaviorSubject(null);


nullの場合はloading表示、値が入って初めてからオブジェクトの内容を表示するようにします。

<div *ngIf="!todo.value">
ローディング
</div>
<div *ngIf="todo | async">
TODOリスト
</div>
posted by ねこまんま at 23:43 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Angularで「WARNING .. 'Interface' was not found」と警告がでた

Angularで「WARNING .. 'Interface' was not found」と警告がでて色々と試した

WARNING in ./xxx.component.ts
39:82-90 "export 'MyInterface' was not found in './xxx.service


xxx.service.tsでは以下のようにMyInterfaceを定義し

export interface MyInterface {
foo?: string;
}


xxx.component.tsでは以下のようにMyInterfaceを読み込み

import { MyInterface } from './xxx.service';


のように定義している。

調べていくと、@inputの型定義を以下のようにしていると警告が出るようです。

@Input() myInterface: MyInterface;


以下のようにして値未定義を許可すると警告が消えました。

@Input() myInterface = <MyInterface>null;
タグ:TypeScript
posted by ねこまんま at 17:35 | Comment(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

angular cliで作ったプロジェクトでJSエラーが出る

Angular CLIでつくったプロジェクトを表示すると以下のようなエラーがでた。

Uncaught TypeError: Cannot read property 'apply' of undefined
at XMLHttpRequest.desc.get [as ontimeout] (zone.js:1265)
at XHRLocalObject.AbstractXHRObject._cleanup (abstract-xhr.js:149)
at XMLHttpRequest.xhr.onreadystatechange (abstract-xhr.js:125)
at XMLHttpRequest.wrapFn (zone.js:1230)
at ZoneDelegate.invokeTask (zone.js:398)
at Zone.runTask (zone.js:165)
at XMLHttpRequest.ZoneTask.invoke (zone.js:460)


以下のコマンドでzone.js@0.8.5をインストールしておけばよいです

npm install zone.js@0.8.5 --save


参考:html - Angular 2 - TypeError: Cannot read property 'apply' of undefined - Stack Overflow
posted by ねこまんま at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

Angular2でformControl' since it isn't a known property of 'input'とエラーが出た

Angular2でformControlを利用しようとすると「formControl' since it isn't a known property of 'input'」とエラーが出た。

ReactiveFormsModuleモジュールを読み込んでないと使えないらしい。

import {ReactiveFormsModule} from '@angular/forms';

@NgModule({
imports : [
..
ReactiveFormsModule,
...
],
...
})
posted by ねこまんま at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

Angular2のloadChildrenでモジュールの遅延読み込みを行う

Angular2のloadChildrenを利用するとモジュールの遅延読み込みが可能になる。たまにしか読み込まれないモジュールなどは遅延読み込みの対象にしておこう続きを読む
posted by ねこまんま at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ElementRef - @angular/core - Angular2

ElementRefを利用すると要素内のHTMLにアクセスできます。続きを読む
posted by ねこまんま at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

Angular 2のng2-dragulaでドラッグアンドドロップ

Angular 2のng2-dragulaでドラッグアンドドロップする。ng2-draguladragulaというドラッグアンドドロップ制御表のライブラリのOfficial Angular2 wrapper 。続きを読む
タグ:Angular 2
posted by ねこまんま at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

Angular 2のDatePipe

Angular 2のdateパイプで日付のフォーマットを整理でき、DatePipeの引数に言語を指定すればその言語に対応した変換方式がりようできる。

import { Component } from '@angular/core';
import {DatePipe} from '@angular/common';
@Component({
selector: 'app-root',
template: `
<p>{{now}}</p>
<p>{{now| date: 'y/MM/dd (EE) HH:mm'}}</p>
<p>{{ngDatePipeJp.transform(now, 'yMMdd (EEE) HHmm')}}</p>
`,
styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent {
now = new Date();
ngDatePipeJp = new DatePipe('ja-JP');
}


これだと面倒くさいので独自のパイプdateJPを作成してみる。

date-jp.pipe.ts

import { Pipe } from '@angular/core';
import { DatePipe } from '@angular/common';

@Pipe({name: 'dateJP'})
export class DateJpPipe {
private dateJpPipe: DatePipe;
constructor() {
this.dateJpPipe = new DatePipe('ja-JP');
}
transform(date, format) {
return this.dateJpPipe.transform(date, format);
}
}


app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { FormsModule } from '@angular/forms';
import { HttpModule } from '@angular/http';
import {DateJpPipe} from './date-jp.pipe';
import { AppComponent } from './app.component';
@NgModule({
declarations: [
AppComponent,
DateJpPipe
],
imports: [
BrowserModule,
FormsModule,
HttpModule
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }


app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
import {DatePipe} from '@angular/common';
@Component({
selector: 'app-root',
template: `
<p>{{now}}</p>
<p>{{now| date: 'y/MM/dd (EE) HH:mm'}}</p>
<p>{{now| dateJP: 'yMMdd (EE) HHmm分'}}</p>
`
})
export class AppComponent {
now = new Date();
}


変換フォーマットが正直微妙なので下記のサイトを参考に曜日だけ日本語にするのがよいかと思う。

参考:DatePipe - ts - API - 公式リファレンス
参考:【Angular2】DatePipeの曜日だけ日本語にする【LiveDemoあり】 | Bucket.GIFT
タグ:Angular 2
posted by ねこまんま at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

Angular2のRouting2

Angular2のRoutingで基本的なルーティングの解説をしたけどもう少し高度なルーティング続きを読む
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

Angular2のRouting

app.module.ts内などでRouterModuleを読み込み@NgModuleでimportsでルーティング設定を行います。

import { RouterModule }   from '@angular/router';

@NgModule({
...
imports: [
RouterModule.forRoot([
{
path: 'list',
component: ListComponent
},
{
path: 'detail',
component: DetailComponent
}
])
]
...
});


app.components.ts内の@Componentではrouter-outletタグで@NgModuleのpathがあった場合にcomponentがouter-outletタグに指定したコンポーネントが表示されます。

@Component({
selector: 'my-app',
template: `
<h1>{{title}}</h1>
<router-outlet></router-outlet>
`
});
タグ:Angular2 routing
posted by ねこまんま at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

Angular2のサービス

Angular2のサービスに関しては「Angular2のDIを知る - Qiita」が詳しかった。

serviceは単純にデータ構造をかえすものにしておいて、providersに配列として登録、constructor(private fooService: FooService)みたいな感じで設定しておけばclass内からアクセスできるようになる。

myFoo.service.ts

export default class FooService {
say1(): string {
return "foo1";
}
say2(): string {
return "foo2";
}
}


app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
import FooService from "./myFoo.service";

@Component({
selector: 'my-app',
providers: [FooService],
template: `
<div>
<h1>{{name}}</h1>
<p (click)="onClick()">click</p>
</div>
`
})
export class AppComponent {
name:string;
constructor(private fooService: FooService) {
this.name = fooService.say1();
}
onClick(){
this.name = this.fooService.say2();
}
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

Angular2のコンポーネント

Angular2でコンポーネントapp.modules.tsにコンポーネントを登録しておけば利用できるようになる。

app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
@Component({
selector: 'my-app',
template: `
<my-h1 myText="h1"></my-h1>
<my-h2 myText="h2"></my-h2>
`
})
export class AppComponent {

}


h1.component.ts

import { Component, Input } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-h1',
template: `
<h1>{{myText}}</h1>
`
})
export class h1Component {
@Input() myText:String;
}


h2.component.ts

import { Component, Input } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-h2',
template: `
<h2>{{myText}}</h2>
`
})
export class h2Component {
@Input() myText:String;
}


app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { FormsModule } from '@angular/forms';

import { AppComponent } from './app.component';
import { h1Component } from './h1.component';
import { h2Component } from './h2.component';

@NgModule({
imports: [
BrowserModule,
FormsModule,
],
declarations: [
AppComponent,
h1Component,
h2Component
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

Angular2でただ追加するだけのTODOリスト

Angular2でただTODOを1行ずつ追加するだけのTODOリスト。とりあえずngModelを入力フォームに設定したけど直接取得したい。

import { Component } from '@angular/core';

export class Hero {
id: number;
name: string;
}

const HEROES: Hero[] = [];

@Component({
selector: 'app-root',
styles: [`
input[type='button']{
background:#CCC;
}
input[type='text']{
border:1px solid #CCC;
}
`],
template:`
<h1>{{title}}</h1>
<ul>
<li *ngFor="let hero of heroes">
{{hero.id}} : {{hero.name}}
</li>
</ul>
<div>
<div>
<input type="text" [(ngModel)]="addText">
<input type="button" value="追加" (click)="onClick()">
</div>
</div>
`
})
export class AppComponent {
title = 'Tour of Heroes';
heroes = HEROES;
addText: string;
onClick(){
if(!this.addText)return false;
this.heroes.push({
id: this.heroes.length+1,
name: this.addText
});
this.addText='';
}
}
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする