2018年01月23日

npmが壊れた場合

npmがアップデートしろって行ってきたのでアップデートしました。

npm i -g npm


そしたらエラーがでて途中で終了、再アップデートしようにも以下のエラーが出てしまう

bash: /usr/local/bin/npm: No such file or directory


以下のコマンドでインストールファイルをもってきてインストールし直しました。

curl http://npmjs.org/install.sh| sh


以下のコマンドで設定を反映したらチャント利用できるようになりました。

exec $SHELL -l

タグ:NPM
posted by ねこまんま at 19:12 | Comment(0) | サーバー | 更新情報をチェックする

ndenvでバージョンの指定ができなくなった

ndenvでバージョンの指定ができなくなった

以下のコマンドでnodeの場所を確認すると

which node


以下を示している。

/usr/local/bin/node


これ昔homebrewでインストールしたnode。もう利用することはないので

berew uninstall --ignore-dependencies node


でアンインストールしておきます。

exec $SHELL -l


で設定を反映、まだバージョンがおかしい

また以下のコマンドでnodeの場所を確認すると

which node


以下を示している。

/Users/nishihatakazuma/.nodebrew/current/bin/node


これ昔nodebrewでインストールしたnodeのバーション。以下のコマンドで削除して

rm -rf ~/.nodebrew/


bash_profileからもパスを削除

exec $SHELL -l


で設定を反映するとちゃんとバージョンが表示されるようになりました。
posted by ねこまんま at 18:58 | Comment(0) | サーバー | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

MacでMongoDBを利用する

MongoDBのインストール



まずはHomebrewを利用してMongoDBをインストール

brew install mongodb


インストールが終わったら指示にしたがって以下のコマンドを実行

ln -s /usr/local/opt/mongodb/*.plist ~/Library/LaunchAgents/
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb.plist
mongod


以下のコマンドでバージョンが表示されたらインストールは成功

mongo -version


MongoDBの利用方法



以下のコマンドでMongoDBが起動します。

mongo


対話モードに移るので以下のコマンドで「mydb」という新しいDBを作成できる

use mydb


以下のコマンドでDBに新しいデータを突っ込めて

db.mydata.save({hoge:"hogeの内容",fuga:"fugaの内容"})


保存したデータを取得するには以下のコマンドを実行する

db.mydata.save()
タグ:MongoDB
posted by ねこまんま at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

Pallarelsにmodan.IEをインストール

VirtualBoxでmodan.IEを利用していたけどPallarels Desktop 9を購入したのでこちらに変更しました。

ダウンロードページで「無料のVMを入手する」をクリック。目的のOSはMacにして仮想環境のプラットフォームを「Pallarels(mac用)」にします。

part1.sfxなどのsfxファイルとrarファイルをダウンロードして同一ディレクトリにおき、以下のようにターミナルから入力すると「IE6 - WinXP.pvm」といったOSイメージが生成されます。

chmod +x ファイル名.sfx
ファイル名.sfx


あとは、OSイメージをダブルクリックするとWindowsが起動します。
posted by ねこまんま at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

Expiresを使って表示を高速化

Last-modifiedだけだとサーバーにファイルの生存確認が走ってるようでどうも遅いので、表示高速化の為、Expiresをつかって画象や静的ファイルのキャッシュを行ってみた。
.htaccessはhttpd.confに以下のような記述を追加するだけ。

ExpiresActive On
ExpiresByType image/gif "access plus 30 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 30 days"
ExpiresByType image/png "access plus 30 days"
ExpiresByType text/css "access plus 30 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 30 days"


最終アクセスから30日間はサーバーにアクセスしないようになった。
posted by ねこまんま at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | 更新情報をチェックする