2020年04月21日

Firebaseをローカルで実行

まずはシンプルなhttpリクエストのエミューレーションから

functions/index.jsを以下のように変更して

const functions = require('firebase-functions');
const admin = require('firebase-admin');
const express = require("express");
const cors = require('cors');

admin.initializeApp({
credential: admin.credential.applicationDefault()
});

const app = express();
app.use(cors({ origin: true }));

app.get('/helloworld',(req, res) => {
res.send('hello world');
})

const api = functions.https.onRequest(app);
module.exports = { api };


以下のコマンドでエミュレーターを実行

firebase emulators:start --only functions


表示されたURLにルーティングを付けて、例えば以下のURLにアクセスすると「hello world」と表示されるようになります。

http://localhost:5001/react-todo-23957/us-central1/api/helloworld

Firestoreもエミュレートしたい場合は以下のコマンドで実行するだけ

firebase emulators:start


思ったよりかんたんにできてすごい

参考:ローカルでの関数の実行  |  Firebase
posted by ねこまんま at 09:40 | Firebase | 更新情報をチェックする