2019年04月01日

ReactをGAE(Google App Engine)上にCloud Buildを使ってデプロイ

前回(ReactをGAE(Google App Engine)上でSSR)でGAE(Google App Engine)上にデプロイはできたのですがこのままだとGAEの権限があるアカウントしかリリース作業ができないためGitHubのmasterにプッシュされたら自動でGAEにリリースされるようにしていきます。

Cloud Source Repositoryを開き対処したいリポジトリを読み込みます。
Cloud Build からトリガーを作成

トリガーのタイプ:ブランチ
ブランチ:master
Cloud Build 構成ファイル: チェック
Cloud Build 構成ファイルの場所: cloudbuild.yaml
変数
_ENVIRONMENT: production
としてます

cloudbuild.yamlを作成して以下のような内容にして

steps:
- name: 'alpine'
args: ['echo', '${_ENVIRONMENT}']
- name: 'gcr.io/cloud-builders/npm'
args: ['install']
- name: 'gcr.io/cloud-builders/npm'
args: ['run', 'release']
- name: 'gcr.io/cloud-builders/gcloud'
args: ['app', 'deploy', '--version', '1', 'app.yaml']


masterにコミットすればデプロイがされるはず、以下のようなビルドエラーが出る場合は指定されるURLにアクセスしてAPIに認証情報与えてあげる必要があります。

Step #2: ERROR: (gcloud.app.deploy) User [xxx@cloudbuild.gserviceaccount.com] does not have permission to access app [xxx] (or it may not exist): App Engine Admin API has not been used in project xxx before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/appengine.googleapis.com/overview?project=xxx then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.


参考:GCPのCloud Buildを試してみた - Qiita


posted by ねこまんま at 16:24 | React | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。