2019年03月29日

ReactをGAE(Google App Engine)上でSSR

SSRシリーズ(1,2,3)、最後はGAE(Google App Engine)上でReactをSSRしていきます。

まずはGoogle Cloud Platform 上でプロジェクトを作成、次にプロジェクトのApp Engineを作成、node.jsのスタンダード環境でよい

参考:GCP プロジェクトの作成

package.jsonはstartがGAEの起動オプションになるのでそれ以外に割り当てるように修正、clientとserverで処理を整理


"scripts": {
"start": "node server.dist.js",
"dev": "npm run start:client & npm run start:server",
"release": "npm run release:client & npm run release:server",
"start:client": "webpack --mode development -w",
"release:client": "webpack --mode production",
"start:server": "npm run release:server && node ./server.dist.js",
"release:server": "webpack --config webpack.config.server.js"
},


app.yamlを作成


runtime: nodejs8


参考:Node.js によるウェブサービスの作成


次にCloud SDK をインストール

以下のコマンドでGAE環境にデプロイできます。


gcloud app deploy


ブラウザで確認したい場合は以下のコマンドで確認できます。


gcloud app browse
posted by ねこまんま at 16:05 | React | 更新情報をチェックする