2019年01月14日

FirebaseHostingを利用してホスティング環境をデプロイする

Firebaseでプロジェクトを作成して左メニューからHostingを有効にしておく、あとはコマンドラインから。

まずはFirebas toolsをインストールしておく

npm install -g firebase-tools


まずはログイン

firebase login


以下のように聞かれるのでyesを選択

? Allow Firebase to collect anonymous CLI usage and error report
ing information?


ブラウザが開くのでFirebaseを利用しているGoogleのアカウントを選択しよう。

firebase init


ここでhostingを選択して、Firebaseでプロジェクトが選択できる場合は選択、選択できない場合は[don't setup a default project]を選んでおく ( あとでFirebase use −addコマンドで追加できる

デプロイするディレクトリとすべてのURLのエイリアスを/index.htmlにするSPAモードの選択ができる

? What do you want to use as your public directory? 
? Configure as a single-page app (rewrite all urls to /index.htm
l)?


これで、firebase.jsonファイルと.firebasercファイルが作成される

あとは以下のコマンドでデプロイできるはず

firebase deploy





posted by ねこまんま at 16:29 | テクニック | 更新情報をチェックする