2018年05月17日

React + flow を試す

React + flow を試す。

まずはcreate-react-appでプロジェクトをサクッと作成

create-react-app flow-test
cd flow-test
yarn start


次にflow-binをインストールして.flowconfigを作成する

yarn add --dev flow-bin
yarn run flow init


Visual Studio CodeにはプラグインFlow Language Support」をインストールしておきプロジェクトの設定を以下のようにしておく

{    
"flow.useNPMPackagedFlow": true,
"javascript.validate.enable": false
}


App.jsの冒頭に「// @flow」を追加する

以下のようにエラーがでて怒られますので

[flow] Cannot use `Component` [1] with less than 1 type argument. (References: [1])



以下のようにComponentに型を定義してあげるとエラーが無くなります。

type Props = {};
class App extends Component {




posted by ねこまんま at 12:10 | Comment(0) | React | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。