2017年10月10日

RxJSの購読管理

RxJSでは Rx.Subscription() で購読情報を管理することができるオブジェクトを作成できる。
subscribe()の返り値をこのオブジェクトにadd()していくと、あとでまとめてunsubscribe()することができます。

import Rx from 'rxjs/Rx';
const subscription = new Rx.Subscription();
const s1 = Rx.Observable.interval(1000).subscribe(x => console.log(1,x));
subscription.add(s1);
const s2 = Rx.Observable.interval(300).subscribe(x => console.log(2,x));
subscription.add(s2);
document.body.addEventListener('click', () => {
subscription.unsubscribe();
});
posted by ねこまんま at 16:55 | Comment(0) | RxJS | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。