2016年12月16日

Angular2の利用

Angular2を触らなくなったのでとりあず環境構築から。

angular-cli



Angular2ではオフィシャルなビルドツールとしてangular-cliが提供されているのでこちらを利用して環境構築を構築するらしい。

まずはインストール

npm install -g angular-cli


これでngコマンドが使えるようになったのでng new アプリ名で簡単に環境を構築できる。

ng new myApp


Successfully initialized git.Installing packages for tooling via npm.と初期化に成功したようなので

以下のコマンドでアプリに移動してnpmのインストールを行う。

cd myApp
npm install


あとはng serveでサーバーを立ち上げれば、http://localhost:4200で表示を確認できる

ng serve


myApp/src/app/app.component.tsの内容を修正してリーロドするとブラウザに修正内容が反映されいるので環境の構築はひとまずこれでOKっぽい。

export class AppComponent {
title = 'app works!!!';
}



アップデート



上記のコードでインストールされた angular-cliは古いので以下のコマンドでアップデートすることができます。

npm uninstall -g angular-cli
npm cache clean
npm install -g @angular/cli@latest
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック