2016年07月12日

ES2015(ES6)の慣れるまで読みにくい記述

React/ReduxのMiddlewareで見かける以下の記述。

const logger = store => next => action => {
next(action);
}


Arrow Functionの特性を活かした感じの記述でBabelでは以下のように変換を行います。

var logger = function logger(store) {
return function (next) {
return function (action) {
console.log("before");
next(action);
console.log("after");
};
};
};
以下のように記述すると配列やオブジェクトの結合が簡単にできる

const foo = ["aaa","bbb","ccc"];
const foo2 = [...foo,"ddd"];

const bar = {"aaa":1,"bbb":2,"ccc":3};
const bar2 = {...bar,"ddd":4};


var foo = ["aaa", "bbb", "ccc"];
var foo2 = [].concat(foo, ["ddd"]);

var bar = { "aaa": 1, "bbb": 2, "ccc": 3 };
var bar2 = _extends({}, bar, { "ddd": 4 });
タグ:ES2015 ES6 BABEL
posted by ねこまんま at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関数/文法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック