2015年12月20日

AngularJSの$timeoutで時間差処理

AngularJSではsetTimeoutが利用できないため$timeoutを利用して時間差処理を設定する

angular.module("myApp",[]).controller('MyController',["$scope","$timeout",function($scope,$timeout){
$timeout(function(){
$scope.myName = "World";
},1000);
}]);
タグ:AngularJS
posted by ねこまんま at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431444533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック