2015年11月10日

Backbone.jsのvalidateメソッド

Backbone.jsのvalidateメソッドについて詳しく知らんかったのでメモ。

set()やunset()時に{validate:true}というオプションを付与するとvalidateメソッドで定義したバリデーションを行う。何も返さなければそのままそのままモデルに格納されるが何か返した場合にはinvalidイベントを発火させモデルには何も格納しない。

var Bar = Backbone.Model.extend({
initialize:function(){
this.on("invalid",function(){
console.log("invalid");
});
},
defaults:{
name:"Jhon"
},
validate: function(attr){
console.log("validate");
if(!attr.name){
return false;
}
}
});

var bar = new Bar();

console.log(bar.get("name"));//Jhon

bar.set({name:""},{validate:true});//validate,invalid

console.log(bar.get("name"));//Jhon

bar.unset("name",{validate:true});//validate,invalid

console.log(bar.get("name"));//Jhon

bar.set({name:"Ben"},{validate:true});//validate

console.log(bar.get("name"));//Ben



posted by ねこまんま at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Backbron.js | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。