2015年09月26日

ES6の基本 - Function Arguments

BabelでES6を始めるにあたってES6の基本文法とBabelがどのようにコンパイルするかを理解するためにまとめておきます。

可変長の引数



ES5以前では可変長の引数を受け取る際にargumentsを利用していましたが、ES6では任意の変数名で受け取ることができます。引数宣言時に.(ドット)を3つつなげて記述します。また、Arrayオブジェクトに変換されるためargumentsより使いやすいですね。

var bar = (...arg) => {
console.log(arg);//[1, 2, 3, 4]
console.log(Array.isArray(arg));//true
};

bar(1,2,3,4);


var bar = function bar() {
for (var _len = arguments.length, arg = Array(_len), _key = 0; _key < _len; _key++) {
arg[_key] = arguments[_key];
}

console.log(arg); //[1, 2, 3, 4]
console.log(Array.isArray(arg)); //true
};

bar(1, 2, 3, 4);


引数の初期値



関数の引数に初期値を設定できるようになりました。

function bar(foo = 3) {
console.log(foo);
}
bar(4);//4
bar();//3


function bar() {
var foo = arguments.length <= 0 || arguments[0] === undefined ? 3 : arguments[0];

console.log(foo);
}
bar(4); //4
bar(); //3


var bar = (foo = 3) => {
console.log(foo);
}
bar(4);//4
bar();//3


var bar = function bar() {
var foo = arguments.length <= 0 || arguments[0] === undefined ? 3 : arguments[0];

console.log(foo);
};
bar(4); //4
bar(); //3
posted by ねこまんま at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関数/文法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック