2015年09月26日

ES6の基本 - Arrow Function

BabelでES6を始めるにあたってES6の基本文法とBabelがどのようにコンパイルするかを理解するためにまとめておきます。

Arrow Function



代表的な省略構文であるArrow Function。

このようなコードが以下のように変換される。関数リテラルが無名関数ではなく有名関数で生成されているのに違和感ありですが。

var bar = () => {
console.log("ok");
};


var bar = function bar() {
console.log("ok");
};


引数を取った場合も一緒です。

var bar = (x) => {
console.log("ok");
};


var bar = function bar(x) {
console.log("ok");
};


引数の括弧は省略できる

var bar = x => {
console.log("ok");
};


var bar = function bar(x) {
console.log("ok");
};


return を行い1行しかない場合は場合は { }も省略できる

var bar = x => x+1;


var bar = function bar(x) {
return x + 1;
};


jQueryなどを利用している場合は以下のように記述するとfunctionの記述を省略できます。

$(()=>{
console.log("ok");
});


$(function () {
console.log("ok");
});
posted by ねこまんま at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関数/文法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック