2014年03月21日

node.jsでWebSocket 1

node.jsでWebSocketを使ってみる。

利用するモジュールはWebSocket.IO。npm installを使ってインストール。

npm install websocket.io


server.jsとしてWebSocket用のJSを作成。

var ws = require("websocket.io"),
server = ws.listen(8888);

server.on('connection', function (socket) {
socket.on("message",function(data) {
server.clients.forEach(function(client) {
client.send(data)
});
});
socket.on('close', function () { });
});


コマンドラインから以下のコマンドを入力するとサーバーが起動します。

node server.js


クライントサイドではnew WebSocket(host)でWebSocketオブジェクトを作成し、WebSocket.onmessage()でメッセージ受信用の処理をWebSocket.send()でメッセージ送信用の処理を行う

<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Document</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.8.2.min.js"></script>
<script>
$(function(){
var host = "ws://localhost:8888/",
ws = new WebSocket(host);
//データの受信
ws.onmessage = function(message){
$("ul").append("<li>"+message.data+"</li>")
}
//データの送信
$("#sendBtn").on("click",function(){
message = $("#message").val()
ws.send(message);
});
});
</script>
</head>
<body>
<input type="text" id="message" /><button id="sendBtn">send</button>
<ul>
</ul>
</body>
</html>


参考:Node.jsとWebSocket.IOでチャットアプリを作る | mawatari.jp
タグ:node.js WebSocket
posted by ねこまんま at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392211059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック