2014年03月04日

AngularJS1.2でng-bind-html-unsafe属性が使えない

AngularJS1.2でng-bind-html-unsafe属性が廃止されたらしく使えない。じゃあどうやってHTMLを突っ込むかというと、この記事によると以下のdirectiveを追加すると利用できるようになるみたい。

app.directive('bindHtmlUnsafe', function( $parse, $compile ) {
return function( $scope, $element, $attrs ) {
var compile = function( newHTML ) {
newHTML = $compile(newHTML)($scope);
$element.html('').append(newHTML);
};

var htmlName = $attrs.bindHtmlUnsafe;

$scope.$watch(htmlName, function( newHTML ) {
if(!newHTML) return;
compile(newHTML);
});

};
});
posted by ねこまんま at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390526746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック