2013年02月02日

node.jsでexportsを利用し外部モジュールと連携

node.jsでexportsを利用し外部モジュールと連携する方法。各モジュールには名前空間があり基本的にモジュール間で情報が共有できない。連携にはいくつか方法があるがその1つがexportsの利用

var sample = require("./hoge.js");
sample.setProperty("aa","bb");
sample.setProperty("cc","dd");
sample.print();


hoge.jsには以下のような内容を記述しておく

var properties = {}
exports.setProperty = function(name,value){
properties[name] = value;
}
exports.print = function(){
console.log(properties);
}
タグ:node.js EXPORTS
posted by ねこまんま at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック