2012年11月05日

CodeKitでHaml

Hamlがイケテルらしいので触ってみた。CodeKitにコンパイラ入っているので環境構築は楽。

hamlディレクトリを作成し、中にhoge.hamlというファイルを作成してここにHamlの内容を書いていく。このままではhamlディレクトリにコンパイルしたhtmlファイルが出力されるのでCodeKitのプロジェクトの設定からオOutputPathでHamlを選んで、Hamlが../に書き出されるようにしておこう。

!!!
%html
%head
%title Hello, Haml!
%body
#header
%h1 Hello, Haml!
#content
%p
I use Ham
%span.version= Haml::VERSION


などとhamlファイルに記述するとHTMLが書き出されます。(ここら辺で手になじまないと仕様をやめた)
タグ:HAML CodeKit
posted by ねこまんま at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tool | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック