2012年10月30日

sublime text 2でZen-Codingを使う

sublime text 2で zen-codingを使う方法。

Sublime Package Controlをインストールしている前提で、Cmd+Shift+Pでコマンドパレットを立ち上げて、「install」などとうって「Package Control:Install Package」を実行します。Zen-Codingをインストールします。

これでOK。

Cmd+Nで新規ファイルを開いて、Cmd+Shift+Pでコマンドパレットを立ち上げ「html」と入力すると「Set Syntax :HTML」が選択できるのでシンタックスのモードを「HTML」にします。
エディタ上に「html:5」と入力して、TABのキーを押すと、HTML5的なひな形がファイルに挿入されればOKです。

参考:Sublime Text 2 で Zen Coding - メモログ
posted by ねこまんま at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tool | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299610444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック