2012年07月17日

Functionオブジェクト

関数オブジェクトはlegthプロパティを持っていてい、これには関数がとれる引数の数が格納されています。

var hoge = function(a,b,c) {}
hoge.length//3


また、callerプロパティに自身を実行した関数への参照が格納されています。(自身への参照はarguments.caller)

var hoge = function() {
console.log(hoge.caller);
}
hoge();//native code
var hoge2 = function(){
hoge();
}
hoge2();//hoge
タグ:function legth
posted by ねこまんま at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関数/文法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281404925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック