2011年10月24日

HTML5のvideo要素とFlashのswfを切り分けて表示する

HTML5のvideo要素に対応しているブラウザではvideo要素を利用して、対応していないブラウザではFlash のswfオブジェクトを表示するJavaScript。

try { 
var v = document.createElement("video");
if (v && v.canPlayType &&
v.canPlayType("video/mp4").match(/^(probably|maybe)$/i)) {
$("object.movie01").hide();
}else{
$("video.movie01").hide();
}
} catch (e) {
$("video.movie01").hide();
}


object要素とvideo要素に適当なclass属性を振っておき、表示・非表示で切り分ける。video要素に対応しているブラウザは生成したvideo要素がcanPlayTypeメソッドを持つのでtry...catchで対応しているかどうかを切り分けます、canPlayTypeメソッドでは再生できるファイルが確認できますので利用するファイルが再生出来るか確認しましょう。再生できる場合はvide要素を、再生できない場合はobject要素を表示します。
posted by ねこまんま at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | HTML5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック