2011年04月24日

Androidで位置情報を取得できない場合に対応

Android端末のGPS機能はくそ。取得できないことが往々にしてある。
Android用のgeolocation APIの記述を次のように変更しておくとエラー処理を追加できる

var geo = navigator.geolocation || google.gears.factory.create('beta.geolocation');
var flag=false;
if(geo){
geo.getCurrentPosition(
function (pos) {
flag=true;
console.log(pos.coords.latitude,pos.coords.longitude);
},
function (e) {
alert("位置情報の取得に失敗しました");
},
{
enableHighAccuracy: true
}
);
}
setTimeout(function(){
if(!flag){
alert("位置情報の取得に失敗しました");
}
},60000);


60秒まって位置情報が取得できてない場合はアラートでエラーを返すようにしている
タグ:android
posted by ねこまんま at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Android | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック