2017年07月11日

react-router v4を試してみる

最近Angular三昧だったのでリハビリをかねて、サイトのReactのバージョンアップをしています。

はまったのがreact-router、もともとはreact-routerという名前のモジュールだったのですがreact-router v4
からはWeb用とNative用にわかれており、Web用はreact-router-domという名前のモジュールを利用します。

以下のyarnコマンドでモジュールの入れ替えを行います。

yarn remove react-router
yarn add react-router-dom


npmを利用している場合は以下のコマンドでモジュールの入れ替えを行うことができます。

npm uninstall react-router --save 
npm install react-router-dom



import  React , { Component } from 'react';
import { BrowserRouter as Router, Route, Link } from 'react-router-dom'

const Home = ()=>{
return <div>Home</div>
}

const Page1 = ()=>{
return <div>Page1</div>
}

const Page2 = ()=>{
return <div>Page2</div>
}

const Page3 = ()=>{
return <div>Page3</div>
}

class App extends Component {
render() {
return (
<Router>
<div>
<ul>
<li><Link to='/'>Home</Link></li>
<li><Link to='/page1'>Page1</Link></li>
<li><Link to='/page2'>Page2</Link></li>
<li><Link to='/page3'>Page3</Link></li>
</ul>

<hr />
<div>
<Route exact path='/' component={Home} />
<Route path='/page1' component={Page1} />
<Route path='/page2' component={Page2} />
<Route path='/page3' component={Page3} />
</div>
</div>
</Router>
);
}
}

export default App;
posted by ねこまんま at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | React | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

"-bash: create-react-app: command not found"

create-react-appをインストールして実行した所以下のエラーが出てしまいました。

"-bash: create-react-app: command not found"


おそらくndenvでインストールしたのでパスが通ってなかったようなので以下のコマンドでパスを通す事ができまいした。

export PATH=$PATH:`npm bin -g`
posted by ねこまんま at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

yarnでローカルパッケージのアップデート

yarnでローカルパッケージのアップデートする方法

インストールできる最新バージョンは以下のコマンドで確認

npm outdated


以下のコマンドで各ローカルのパッケージを最新バージョンにすることができる

yarn upgrade
タグ:NPM Yarn
posted by ねこまんま at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

RxJSのSubject

RxJSのSubjectの使い方メモ
続きを読む
posted by ねこまんま at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | RxJS | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

angularでdebounce

以下のようにnew Subjectでオブジェクトを作成しておいて、debounceTimeを設定するとデバウンスができる

import { Component,HostListener } from '@angular/core';
import {Subject} from 'rxjs/Subject'
import 'rxjs/Rx'

@Component({
selector: 'app-root',
template: `
<input (input)="subject.next($event.target.value)">
`,
})

export class AppComponent {
subject = new Subject();
constructor() {
this.subject.debounceTime(1000).subscribe((v) => {
console.log(v);
})
}
}


ただ、このままだとChange Detectionのdebounceができないので以下のように調整する

@Directive({
selector: 'input[debounceInput]'
})
export class DebounceInput {
@Output() onInput = new EventEmitter();

constructor(
private _elementRef: ElementRef,
private _zone: NgZone,
) {
this._zone.runOutsideAngular(() => {
Observable
.fromEvent(this._elementRef.nativeElement, 'input')
.debounceTime(1000)
.subscribe((ev:any) => {
this._zone.run(() => this.onInput.emit(ev));
});
});
}
}


参考:Angularでイベントから無駄にChange Detectionを走らせないためにすべきこと - Qiita
タグ:RxJS
posted by ねこまんま at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ajax | 更新情報をチェックする

angular cliで作ったプロジェクトでJSエラーが出る

Angular CLIでつくったプロジェクトを表示すると以下のようなエラーがでた。

Uncaught TypeError: Cannot read property 'apply' of undefined
at XMLHttpRequest.desc.get [as ontimeout] (zone.js:1265)
at XHRLocalObject.AbstractXHRObject._cleanup (abstract-xhr.js:149)
at XMLHttpRequest.xhr.onreadystatechange (abstract-xhr.js:125)
at XMLHttpRequest.wrapFn (zone.js:1230)
at ZoneDelegate.invokeTask (zone.js:398)
at Zone.runTask (zone.js:165)
at XMLHttpRequest.ZoneTask.invoke (zone.js:460)


以下のコマンドでzone.js@0.8.5をインストールしておけばよいです

npm install zone.js@0.8.5 --save


参考:html - Angular 2 - TypeError: Cannot read property 'apply' of undefined - Stack Overflow
posted by ねこまんま at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

Angular2でformControl' since it isn't a known property of 'input'とエラーが出た

Angular2でformControlを利用しようとすると「formControl' since it isn't a known property of 'input'」とエラーが出た。

ReactiveFormsModuleモジュールを読み込んでないと使えないらしい。

import {ReactiveFormsModule} from '@angular/forms';

@NgModule({
imports : [
..
ReactiveFormsModule,
...
],
...
})
posted by ねこまんま at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

Angular2のloadChildrenでモジュールの遅延読み込みを行う

Angular2のloadChildrenを利用するとモジュールの遅延読み込みが可能になる。たまにしか読み込まれないモジュールなどは遅延読み込みの対象にしておこう続きを読む
posted by ねこまんま at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ElementRef - @angular/core - Angular2

ElementRefを利用すると要素内のHTMLにアクセスできます。続きを読む
posted by ねこまんま at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

Angular 2のng2-dragulaでドラッグアンドドロップ

Angular 2のng2-dragulaでドラッグアンドドロップする。ng2-draguladragulaというドラッグアンドドロップ制御表のライブラリのOfficial Angular2 wrapper 。続きを読む
タグ:Angular 2
posted by ねこまんま at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

Angular 2のDatePipe

Angular 2のdateパイプで日付のフォーマットを整理でき、DatePipeの引数に言語を指定すればその言語に対応した変換方式がりようできる。

import { Component } from '@angular/core';
import {DatePipe} from '@angular/common';
@Component({
selector: 'app-root',
template: `
<p>{{now}}</p>
<p>{{now| date: 'y/MM/dd (EE) HH:mm'}}</p>
<p>{{ngDatePipeJp.transform(now, 'yMMdd (EEE) HHmm')}}</p>
`,
styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent {
now = new Date();
ngDatePipeJp = new DatePipe('ja-JP');
}


これだと面倒くさいので独自のパイプdateJPを作成してみる。

date-jp.pipe.ts

import { Pipe } from '@angular/core';
import { DatePipe } from '@angular/common';

@Pipe({name: 'dateJP'})
export class DateJpPipe {
private dateJpPipe: DatePipe;
constructor() {
this.dateJpPipe = new DatePipe('ja-JP');
}
transform(date, format) {
return this.dateJpPipe.transform(date, format);
}
}


app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { FormsModule } from '@angular/forms';
import { HttpModule } from '@angular/http';
import {DateJpPipe} from './date-jp.pipe';
import { AppComponent } from './app.component';
@NgModule({
declarations: [
AppComponent,
DateJpPipe
],
imports: [
BrowserModule,
FormsModule,
HttpModule
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }


app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
import {DatePipe} from '@angular/common';
@Component({
selector: 'app-root',
template: `
<p>{{now}}</p>
<p>{{now| date: 'y/MM/dd (EE) HH:mm'}}</p>
<p>{{now| dateJP: 'yMMdd (EE) HHmm分'}}</p>
`
})
export class AppComponent {
now = new Date();
}


変換フォーマットが正直微妙なので下記のサイトを参考に曜日だけ日本語にするのがよいかと思う。

参考:DatePipe - ts - API - 公式リファレンス
参考:【Angular2】DatePipeの曜日だけ日本語にする【LiveDemoあり】 | Bucket.GIFT
タグ:Angular 2
posted by ねこまんま at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

TypeScriptの基本

TypeScriptの環境作成方法。続きを読む
タグ:TypeScript
posted by ねこまんま at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | TypeScript | 更新情報をチェックする

TypeScriptのas

TypeScriptのasオペレーターというのがあってハマった。このググラビリティの低いワードどうかにかして欲しい。続きを読む
タグ:as TypeScript
posted by ねこまんま at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | TypeScript | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

Angular2のRouting2

Angular2のRoutingで基本的なルーティングの解説をしたけどもう少し高度なルーティング続きを読む
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

Stateless Functionでrefを利用する

Stateless Functionではrefsへの参照を生成しないため以下のようにして要素の内容を取得する

続きを読む
タグ:REACT
posted by ねこまんま at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | React | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

Re : Flux を使わずに React コンポーネント間のコミュニケーションを行う8つの方法

参考:Flux を使わずに React コンポーネント間のコミュニケーションを行う8つの方法 - Qiita

結構はやい段階でReduxに以降してしまったためココらへんの知識が浅いので色々と書いてためしてみました。続きを読む
タグ:REACT
posted by ねこまんま at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | React | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

Angular2のRouting

app.module.ts内などでRouterModuleを読み込み@NgModuleでimportsでルーティング設定を行います。

import { RouterModule }   from '@angular/router';

@NgModule({
...
imports: [
RouterModule.forRoot([
{
path: 'list',
component: ListComponent
},
{
path: 'detail',
component: DetailComponent
}
])
]
...
});


app.components.ts内の@Componentではrouter-outletタグで@NgModuleのpathがあった場合にcomponentがouter-outletタグに指定したコンポーネントが表示されます。

@Component({
selector: 'my-app',
template: `
<h1>{{title}}</h1>
<router-outlet></router-outlet>
`
});
タグ:Angular2 routing
posted by ねこまんま at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

Angular2のライフサイクルメソッド

OnInitやOnChangesをimportしておけば子コンポーネントでngOnInitやngOnChangesといったライフサイクルメソッドが利用可能

import { Component} from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-app',
template: `
<div>
<my-h1 [myText]=h1></my-h1>
<p (click)="onClick()">click</p>
</div>
`
})
export class AppComponent{
h1:string = "h1";
onClick(){
this.h1 = this.h1+"!";
}
}


import { Component, Input,OnInit,OnChanges } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-h1',
template: `
<h1>{{myText}}</h1>
`
})
export class h1Component implements OnInit,OnChanges{
@Input() myText:String;
ngOnInit() {
console.log("ngOnInit")
}
ngOnChanges(changes) {
console.log('ngOnChanges',changes);
}
}
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ajax | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

Angular2のサービス

Angular2のサービスに関しては「Angular2のDIを知る - Qiita」が詳しかった。

serviceは単純にデータ構造をかえすものにしておいて、providersに配列として登録、constructor(private fooService: FooService)みたいな感じで設定しておけばclass内からアクセスできるようになる。

myFoo.service.ts

export default class FooService {
say1(): string {
return "foo1";
}
say2(): string {
return "foo2";
}
}


app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
import FooService from "./myFoo.service";

@Component({
selector: 'my-app',
providers: [FooService],
template: `
<div>
<h1>{{name}}</h1>
<p (click)="onClick()">click</p>
</div>
`
})
export class AppComponent {
name:string;
constructor(private fooService: FooService) {
this.name = fooService.say1();
}
onClick(){
this.name = this.fooService.say2();
}
タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

Angular2のコンポーネント

Angular2でコンポーネントapp.modules.tsにコンポーネントを登録しておけば利用できるようになる。

app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';
@Component({
selector: 'my-app',
template: `
<my-h1 myText="h1"></my-h1>
<my-h2 myText="h2"></my-h2>
`
})
export class AppComponent {

}


h1.component.ts

import { Component, Input } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-h1',
template: `
<h1>{{myText}}</h1>
`
})
export class h1Component {
@Input() myText:String;
}


h2.component.ts

import { Component, Input } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'my-h2',
template: `
<h2>{{myText}}</h2>
`
})
export class h2Component {
@Input() myText:String;
}


app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { FormsModule } from '@angular/forms';

import { AppComponent } from './app.component';
import { h1Component } from './h1.component';
import { h2Component } from './h2.component';

@NgModule({
imports: [
BrowserModule,
FormsModule,
],
declarations: [
AppComponent,
h1Component,
h2Component
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

タグ:Angular2
posted by ねこまんま at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angular | 更新情報をチェックする